今日の無料予想(18.10.03)

【3日尼崎12R】本紙の見解

 ついに自身初のパーフェクトVに王手をかけた。予選をトップ通過した芝田は昨6Rをまくり快勝し、準優12Rも勝ち上がって無傷の6連勝でファイナルへ進出。仕上がりも節イチだ。準優はやや仕掛け遅れたが、46歳の地元支部長が浮足立つことはないはず。無敵のイン速攻で昨年11月戦以来となる16回目の地元Vを7連勝完全で決める。

青木も4勝、2着2本と抜群の内容で尼崎初優出。ようやく“鬼門”を攻略した。死角が見当たらない芝田を攻略するのは骨が折れるが、一瞬の隙を見逃さない機力と技量はある。

尼崎出場2節目の佐藤もファイナルへ進出。伸び型の仕上がりで(4)カドは打って付け。F持ちながらスタートも果敢で侮れない。準優10Rを(3)コースから1着となった永田も圏内。野沢、折下が展開をつく。
引用元:サンスポZBAT!

【3日住之江12R】本紙の見解

 初日メインの「レディスドリーム」を制した大山が2日目もピンピン。連勝を“3”に伸ばして余裕のペースで突き進む。足もトップクラスだけに前半戦次第では5連勝も十分にありそうだ。いずれにしてもこの一戦は貫禄のイン速攻を披露する。

伏兵・勝浦も自他ともに認める快パワーだ。センターから果敢に攻めて大山を脅かすか。実森は勝浦の攻めに乗っての差し。外コースでも原田も連争いに。
引用元:サンスポZBAT!

【3日江戸川12R】本紙の見解

 《記者選抜》野添がイン戦で必勝を期す。初日前半は6着に敗れたが、後半の選抜(12R)は2着に入ったようにアシ色は十分。外の攻撃を封じて押し切る。

カドから鋭く切り込む吉川へ〔1〕=〔4〕が本線。展開を捕らえる佐藤と、先まくりを放つ豊田へ〔1〕〔5〕、〔1〕〔3〕を押さえる。
【3連単】は〔1〕=〔4〕〔5〕、〔1〕=〔4〕〔3〕、〔1〕〔5〕=〔3〕。
引用元:サンスポZBAT!

【3日平和島3R】変わらず好気配の中沢がカドまくり

 ≪叶えてこその“夢”舟券!≫ いやはや、今節は乗れていない…。5日目6Rで狙った宮之原輝紀はインから逃げて1

着。しかし、2着に入った内田亜希子を選んでいなくてハズれてしまいました。内田は4日目から徐々に気配が良くなっていただけに、押さえておくべきでしたね…。

最終日は優勝戦前の資金稼ぎで3Rの中沢宏奈を狙います。2日目前半の転覆でリズムを崩したものの、動きは変わらず力強いですね。強気な攻撃を生かせるカド戦になりそうなここは、スタートを決めてまくり切るとみました。3連単は(4)(1)、(4)(3)、(4)(5)から3着流し12点。
引用元:サンスポZBAT!

【3日平和島12R】本紙の見解

《優勝戦》9戦8連対と抜群の安定感で絶好枠をゲットした浜野谷はアシの仕上がりも上々だ。フライング持ちでも仕掛けは安定しており、インから全速逃げを決めて、当地17度目&通算82度目の優勝を飾る。

素早く差して肉薄する福来との〔1〕⇔〔2〕が本線。ツケ回る遠藤と展開を突く中谷へ〔1〕〔3〕、〔1〕〔4〕を押さえる。

【3連単】は〔1〕⇔〔2〕〔3〕、〔1〕⇔〔2〕〔4〕、〔1〕〔3〕⇔〔4〕。
引用元:サンスポZBAT!

【3日戸田12R】本紙の見解

 《優勝戦》予選トップ通過の四宮が、準優10Rを逃げ切って初優出を決めるとともにファイナルの1号艇を手にした。アシの仕上がりは抜群で、3日目からゼロ台を4連発とスタートも決まっている。イン速攻で、デビュー初Vを飾る。

佐藤翼が素早く差し込む〔1〕⇔〔2〕が本線。カドから攻め込む松尾と、展開を突く柴田で〔1〕〔4〕、〔1〕〔5〕も必要。

【3連単】は〔1〕⇔〔2〕〔4〕、〔1〕⇔〔2〕〔5〕、〔1〕〔4〕⇔〔5〕。
引用元:サンスポZBAT!

【3日戸田6R】気合十分の中村が逃げ切る

 ≪“海老”情報で鯛を釣れ!≫ 準優12Rは6着に敗れた中村。コンビを組む『47号』は「いろいろやって全体に上積みはできた」と気配が上向いている。とはいえ、「伸び返されていたし、中堅下位くらい」と仕上がりには納得していない様子。それでも「最終日はハートで頑張ります」と気合の弁。ここは気迫の鋭発から逃げ切るとみて、3連単(1)(3)、(1)(4)、(1)(5)から3着流し12点を狙う。
引用元:サンスポZBAT!

【3日三国12R】本紙の見解

桐生順平

前検から抜群の手応えをつかんだ桐生を中心に推す。前回、片山竜輔が優勝を飾った48号機を引き当て、開口一番「いいと思う」。特に行き足と回り足が良好で、持ち前のターン力を存分に発揮できそうだ。昨年のグランプリ覇者がセンター自在に回ってメインジャックする。

地元の萩原がインで応戦。直線で下がる感じはみられず、先に回れば十分持たせられる。押し切りは五分だ。もう一人の地元・武田は機力で見劣る。守田、上條を連下の候補に。
引用元:サンスポZBAT!

【3日鳴門12R】本紙の見解

松井繁

絶好枠に陣取る松井が不動の主役。4着の初日ドリームに続いて2日目も23着と予選前半は未勝利に終わったが、仕上がりはスリット付近を中心に良好だ。4枠の前半5Rを含め、3日目は勝負どころだろう。王者が貫禄の逃げで流れを作る。

瓜生が対抗。昨12Rのドリームは展開に恵まれず6着大敗を喫したが、悲観する足ではない。手堅く差して次位争いを優位に運ぶ。地元の市橋は気合のスリット攻勢でアタック。丸岡、森高の外枠勢も連圏内だ。
引用元:サンスポZBAT!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.