【ニュースまとめ】また1番時計!毒島誠が逆転で予選トップ通過

立間充宏が逃げ切って芦屋初優勝/芦屋

<芦屋ボート>◇最終日◇4日

7日間のロングランシリーズ、立間充宏(43=岡山)がイン先マイから押し切り、芦屋では初めての優勝を飾った。

インからコンマ12のトップスタートを決め、1Mを回った時点で決着をつける快勝劇だった。

2着に山一鉄也、3着に伊藤将吉が入った。
引用元:日刊スポーツ

前野竜一が予選トップ通過、機力にも納得/徳山

<徳山ボート>◇4日目◇4日

前野竜一(38=山口)が予選を1位で通過した。

7戦4勝、2着3回のオール2連対で、機力にも納得している。準優進出戦は11Rに1枠で登場する。このままリズムに乗って、準優、優勝戦へと突き進みそうな雰囲気だ。
引用元:日刊スポーツ

初の優勝戦1号艇に藤山雅弘「緊張感味わう」/福岡


優勝戦は行き足抜群の藤山雅弘が一気に逃げる(撮影・中牟田康)

<福岡ボート>◇4日目◇4日

藤山雅弘(29=大阪)が優勝戦1枠を奪取した。

準優10Rではコンマ11のスタートを決めて豪快に逃げ切った。前半2Rでの差し切り勝ちで、得点率でも1位となった。

「ターン回りがすごくいいし、出足と行き足もいい」と機力は上位だ。

今年3月の戸田一般戦でデビュー初優勝。そのときは4コースからまくった。

デビュー2回目の優勝へ向けて、「優勝戦で1枠は初めて。いい緊張感を味わいたい」と気を引き締めていた。
引用元:日刊スポーツ

三浦敬太「蛭子さんに心臓に悪いと伝えて」/多摩川

<多摩川ボート>◇初日◇4日

漫画家の蛭子能収氏が、メンバーの選考と枠番を決めた12Rは1号艇の三浦敬太(31=東京)が逃げて人気に応えた。

レース後は「蛭子さんに(緊張して)心臓に悪いと伝えてください」と話したが、逃げを決めて安堵(あんど)した様子だった。

「足は伸びることはないし、全体に普通。合っている感じはしない」と、成績ほどの手応えはなさそう。

それでも勝手知ったる地元水面で、調整は分かっているはず。少しでも足の上積みを求めてペラをたたく。
引用元:日刊スポーツ

また1番時計!毒島誠が逆転で予選トップ通過/鳴門


14のトップスタートから内の湯川浩司と下條雄太郎を一気にまくった毒島誠(2018年8月27日撮影)

<鳴門ボート:大渦大賞>◇G1◇4日目◇4日

毒島誠(34=群馬)が予選ラストを豪快に締めた。

11R、3コース発進でスリット後は内2艇を置き去りに。そのまま、まくって独走した。上がりタイムは、この時期にしては破格の1分45秒5。2日目に自身が出した1番時計に並び、予選トップも奪った。

「だいぶ手前に持ってこられた。レースした感じは良くなっています」と64号機は完調間近。

今年SG2冠から続く、この勢い。一体、誰が止められるのか。

準優12Rも逃げて、優勝に王手を懸ける。
引用元:日刊スポーツ

峰竜太や白井英治参戦…堀ちえみライブも/来社PR


G1戸田プリムローズをPRする石塚久也選手(撮影・浅見桂子)

開設62周年記念G1戸田プリムローズ(7~12日)を開催する戸田ボートの関係者が4日、地元の石塚久也選手(37=埼玉)を伴い、東京・築地の日刊スポーツ新聞社を訪れPRを行った。

ダブルドリームで初日のウインビードリームは峰竜太、2日目のウインクドリームは白井英治が1号艇。

石塚選手は「埼玉勢が活躍しているG1なので、その中に僕も入れるよう頑張ります。そこに合わせて調子を上げていきたい」と抱負を述べた。

ここ2大会は、桐生順平、中田竜太と埼玉勢が連覇している。

埼玉県都市競艇組合の尾島寿参事は「52選手の誰が優勝してもおかしくないほど、強豪がそろいました。女子トップ3ともいえる長嶋万記、遠藤エミ、小野生奈のほか、羽野直也ら人気の若手も注目です」と、熱く語った。

売り上げ目標は50億円。

堀ちえみのスペシャルライブ(8日)など、イベントも連日行われる。
引用元:日刊スポーツ

安田政彦のボートに穴開く スタ展は不参加に/桐生

<桐生ボート>◇初日◇4日

初日5Rで安田政彦(47=兵庫)がスタート展示不参加のアクシデントに見舞われた。

展示ピットを出る際に他艇と接触してボートが破損。いったんピットに帰投して再展示となった。

「ボートに穴が開いて動揺してしまった。レースでの感触は分からなかったけど、試運転の伸びはいいですよ」と話し、差して2着を確保した。

後半のドリーム戦は6枠不利が響いて5着だったが、機力気配は悪くない。

2日目1&10Rはセンターから得意の自在戦で巻き返す。
引用元:日刊スポーツ

西舘果里「乗れて良かった」初の準優にホッ/住之江


デビュー初の予選突破を決めた西舘果里(撮影・工藤浩伸)

<住之江ボート:ヴィーナスシリーズ>◇4日目◇4日

西舘果里(31=東京)が5Rを逃げ切り、デビュー初の準優進出を決めた。

「乗れて良かったです」と安堵(あんど)した。機力は出足中心に上位クラスを誇る。

準優11Rは2枠で登場。「いいリズムを大事にして走れば、チャンスはあると思います」と静かに闘志を燃やした。
引用元:日刊スポーツ

絶好調の入海馨が5連勝で準優1枠をゲット/大村


準優9R、1号艇に座る入海馨がレース足を生かして逃げる(撮影・坂中昭子)

<大村ボート>◇4日目◇4日

入海馨(22=岡山)の勢いが止まらない。4日目3Rは6コースから道中逆転して1着。準優進出戦8Rも逃げ、2日目後半から5連勝となった。

「行き足がいいし伸びも負けることはない。回り足は言うことないです」と機力には胸を張る。

準優は9Rの1枠。ここも逃げ中心だ。
引用元:日刊スポーツ

戸田『GIプリムローズ』を石塚久也らがPR!

戸田「GIプリムローズ」をPRする石塚久也

7日から12日までの6日間、ボートレース戸田で開催される開設62周年記念『GIプリムローズ』のPRのため、埼玉支部の石塚久也(37)と関係者が4日、東京・大手町のサンケイスポーツ編集局を訪れた。

峰竜太、白井英治、山崎智也、今村豊らSGクラスの実力派レーサーたちを、地元・埼玉の須藤博倫、中田竜太、平石和男らが迎え撃つ。

石塚は「地元GIを取りたい思いはあります。抽選となるエンジンの勝率は気にせず、自分の走りができれば。優出を目指して頑張ります」と健闘を誓った。

埼玉県都市競艇組合の尾島寿参事は「豪華なメンバーがそろいましたが、埼玉支部の3連覇に期待します。場内イベントも盛りだくさんで、電話投票キャンペーンも実施するのでぜひご参加ください。売り上げ目標は50億円です」と語った。
引用元:サンスポZBAT!

【江戸川】レース進行時間の変更について

10/9(火)から開催される「第42回報知新聞社杯」以降(※ただし、10/16~21の「G2江戸川634杯」を除く)は、
レースの進行時間が以下のとおり変更になりますので、どうぞご注意願います。

●1Rスタート展示開始・・・10:40

●1R発売締切時間・・・10:59

●12R発売締切時間・・・16:20

※上記は予定です。当日の気象状況や航行船の通過等により遅れる場合もございますので、予めご了承願います。

※電話投票・場外発売場での締切時刻は、上記(本場)の1分前となりますので、何卒ご注意くださいませ。

※ただし、10/16(火)~10/21(日)の「G2江戸川634杯」は、特別戦につきレースの進行時間が異なります。
引用元:ボートレース江戸川

【多摩川】GIIIオールレディース リップルカップ開催中の開門時間等のお知らせ

引用元:ボートレース多摩川オフィシャル

【常滑】ボートレースチケットショップ高浜オープン!!

愛知県ではボートレースチケットショップ名古屋、栄、オラレセントレアに続き4カ所目となるボートレースチケットショップ高浜(高浜市)10/1(月)にオープンいたしました!!

★年間最大360日舟券を発売★
ボートレースとこなめ・蒲郡の全レースをはじめ、SG・G1レースを中心に10:00から21:00頃まで1日最大8場92レースを発売!

★車でのアクセスが便利★
自動車関連企業が多数集積する西三河地方、高浜市の市道碧南高浜線沿いに所在し、国道23号線「野田」I.C.から車で約20分。名古屋方面や豊橋方面からもアクセスしやすい場所に立地しています。敷地内には300台(うち、身障者用2台)の無料駐車場を併設。

★快適な施設概要★
・一般席が90席、有料席が全席卓上モニター付の指定席36席(フリードリンク付き)ご用意。
・自動発払機、サポート水洗対応の多目的トイレなど、バリアフリー対応
・レースライブは、最大70インチの大型モニターで迫力ある映像を提供。
・施設内は完全分煙となり、喫煙者の方にも快適にご利用いただけます。
・鉄骨造平屋建てで、外壁の一部に高浜市名産「三州瓦」を使用。

◆ボートレースチケットショップ高浜・概要◆
【所在地】〒444-1322 愛知県高浜市二池町4丁目5番5
【TEL】0566-54-5022
【開場時間】10:00
>>ボートレースチケットショップ高浜オフィシャルサイト

新しいボートレースチケットショップ高浜でレースをお楽しみください。
みなさまのお越しをお待ちしております!

引用元:BOAT RACEとこなめ公式ウェブサイト

優勝戦レポート第16回ダイスポスワンカップ競走

3484芝田浩治(兵庫)

12R  優勝戦

台風の影響でシリーズは1日順延になったが、集中力を切らさず無傷の6連勝で優勝戦へコマを進めてきた芝田はパーフェクトVへマジック1。自身初の偉業は目前に迫っているが、ストップザ芝田へ青木、永田、佐藤、野澤、折下と一発タイプも出そろい頂上バトルは見所たっぷり。大方の予想どおり進入は枠なり3対3。絶好の水面コンディションでSが切られた。スリットで場内アナウンサーの悲鳴が上がったが、1M芝田は力強く先マイ一気。青木は順走、全速の佐藤を野澤が差し続いた。Sは判定中だったが、バック半ばあたりでスタートOKの青ランプがともった。2M芝田は冷静に回りV確定モード。青木が続き、野澤は永田、折下を回して差した佐藤をホームで抑えた。芝田はコンマ00のドッキリSだったが、今年初優勝を自身初の7連勝完全Vで飾り尼崎V16、通算V64とした。

引用元:ボートレース尼崎 Official Site

【児島】平成30年11月4日(日)「GⅢオールレディース 第30回瀬戸の女王決定戦」初日からレース進行時間を冬時間で開催いたします。

 平成30年11月4日(日)「GⅢオールレディース 第30回瀬戸の女王決定戦」初日からレース進行時間を冬時間で開催いたします。

開門 9:45
第1Rスタート展示 10:07
第1R発売開始 10:12
第12R発売締切 16:15

※その他特別な競走については時間が変更になる場合があります。
引用元:ボートレース児島

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.