【ニュースまとめ】石塚、気合十分 地元での活躍誓う

土屋太朗、愛弟子活躍に師匠の意地見せる/桐生

33号機のパワーをさらに引き出してきた土屋太朗(撮影・湯田坂賢一)
33号機のパワーをさらに引き出してきた土屋太朗(撮影・湯田坂賢一)

<桐生ボート>◇初日◇4日

土屋太朗が愛弟子・関浩哉の活躍に刺激を受けた。

関が浜名湖ヤングダービーで初優勝を飾ると「あいつばかりにいい思いをさせてられない」と、やる気にスイッチが入り初日8Rを逃げて快勝した。33号機本来のパワフルな足に加え、ペラ調整により乗り心地も上向いている。「上り調子のエンジンという雰囲気がある。行き足が良くて、桐生でいい時の感じ」。2日目5&12Rは師匠の意地を見せて、A級勝率を確保する。
引用元:日刊スポーツ

【戸田・G1プリムローズ】石塚、気合十分 地元での活躍誓う

開設62周年G1戸田プリムローズのPRのため来社した石塚久也(撮影・木村 揚輔)

ボートレース戸田で行われるG1戸田プリムローズ(7〜12日)のPR隊が4日、東京・越中島のスポーツニッポン新聞社を訪れた。

Wドリーム1号艇の峰竜太、白井英治に若手期待の羽野直也、松尾拓ら豪華メンバーが集結。女子も長嶋万記、遠藤エミ、小野生奈の3人が参戦する。埼玉支部からはドリーム出場の中田竜太、須藤博倫ら9人が登場。石塚久也は「活躍できるように頑張ります」と地元の大舞台に気合十分だ。イベントも盛りだくさんで7日はコスプレーヤー五木あきらの予想・観戦会があり、8日には堀ちえみスペシャルライブが開催される。電話投票はG1スペシャルとして期間中1万円以上投票すると1万円が当たるキャッシュバックキャンペーンを実施。目標は50億円。
引用元:スポニチ Sponichi Annex

【水上の女神~レーサーの素顔(164)】長嶋万記

 最近の長嶋はとにかく強い。8月の桐生レディースチャンピオンこそ予選で敗退したものの、続く徳山は優出4着。そして津、常滑、蒲郡と3場所連続で優勝を飾っている。

文句なしの結果にも、本人は「一走一走の積み重ねが、たまたま優勝という結果になっているだけです」とキッパリ。そう言い切るのには理由がある。

以前から「SG、GIで活躍したい」と話していたが、最近になって「やっと本気になってきた」と向上心がさらに強くなってきたようだ。

「女子戦では圧倒的な結果で勝たないといけないと思っています。予選をトップで通過して、準優、優勝戦はインから逃げるという、“王道”の勝ち方を目標にしています」

長嶋が突き詰めているのはレースだけではない。9月からはトレーナーに教わりながら、デトックスを始めている。

「体質改善に加えて、減量にもつながるので。そのかいもあって、蒲郡の最終日の体重は47キロでしたからね。前よりも集中力が増している感じがするし、体も楽になりましたよ」

以前は50キロ前後だったが、現在は女子選手の最低体重を少し下回るくらいまで絞っている。

目指しているのは「超一流のレーサー」。これからも心技体の全てを磨きながら、“真の強さ”を身につけていく気構えだ。(立山友基)

=次回は19日に掲載

長嶋 万記(ながしま・まき)1981(昭和56)年5月28日生まれ、37歳。静岡県出身。2002年9月に第91期生として選手登録。休日の過ごし方はバスケットボール、ショッピング。好きな食べ物はあずき。7日開幕のGI戸田プリムローズに出場予定。1メートル65、47キロ、血液型AB。
引用元:サンスポZBAT!

【5日鳴門10R】選手コメント

〔1〕石野貴「変わらずエンジンは問題ない。足は上位クラスだと思う」
〔2〕山田祐「石野さんの方がよかったし、直線は微妙。合えば回り足はいい」
〔3〕田中信「少しずつ出足はよくなっているけど、伸びは上と差がある」
〔4〕井口佳「少しずつ上向いてきていますよ。スタートは分かってきた」
〔5〕木下翔「特別いい部分はないが、足はバランスが取れてしっかりしている」
〔6〕菊地孝「足は全てにおいて、ギリギリ普通。どこもいいところがない」
引用元:サンスポZBAT!

【5日鳴門11R】選手コメント

 〔1〕田村隆「乗りづらかったけど、足はよかった。スタートがいけていない」
〔2〕寺田祥「出ていくことはないけど、体感や乗り心地には満足している」
〔3〕森高一「調整を合わせられなかった。合えばレース足は問題ない」
〔4〕徳増秀「足はいいですね。乗り心地、回り足がよくて実戦向きの仕上がり」
〔5〕中島孝「全体的によくなっていると思う。最近ではないくらいの感じ」
〔6〕市橋卓「1マークのかかりはよかったです。足は中堅ぐらいだと思う」
引用元:サンスポZBAT!

【5日鳴門12R】選手コメント

 〔1〕毒島誠「手前に持ってくることができたし、かなりよくなっています」
〔2〕湯川浩「道中はよかった。乗り心地もよくなっている。スタートは難しい」
〔3〕佐々木「(昨11Rは)展開を読み間違えた。足はまずまずだと思う」
〔4〕鳥居塚「バランスが取れて、どの足もまずまず。スタートは勘通り」
〔5〕吉川元「足はバランスが取れて、戦えるぐらいにはなっている」
〔6〕篠崎仁「中堅の域を出ないですね。田村さんには分が悪かった」
引用元:サンスポZBAT!

【ボート】戸田で7日からG1周年を開催 8日には堀ちえみスペシャルライブ

 G1戸田プリムローズでの健闘を誓う石塚久也=東京・木場のデイリースポーツ

「G1・戸田プリムローズ開設62周年記念」が7日から12日まで、埼玉県のボートレース戸田で行われる。

このPRのため、埼玉県都市競艇組合の尾島寿参事ら関係者、選手の石塚久也(37)=埼玉・89期・A1=が4日、東京都江東区のデイリースポーツを訪れた。

初日、2日目にダブルドリーム戦が組まれ、7日に峰竜太、山崎智也らが出場するウインビードリーム、8日には白井英治、池田浩二らが出場するウインクドリームが行われる。地元の石塚は「メンバーがメンバーなんで、勝てる気がしないけど、ファンの声援もあるし、地の利はありますからね」と静かに闘志を燃やす。

イベントもめじろ押しで、7日はコスプレイヤー五木あきら&うらまるの予想・観戦会、8日には往年のアイドル・堀ちえみのスペシャルライブも予定されている。尾島参事は「長嶋万記ら女子のトップ3や松尾拓など注目の若手114期も出場する。色とりどりの選手がそろったので、売り上げ50億円を達成したい」と熱く語っていた。
引用元:デイリースポーツ online

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.