今日の無料予想(18.10.07)

【7日平和島12R】本紙の見解

 《特選》好枠の重野が必勝を期して臨む。初日は2、5着に敗れたが、エンジンは素性通り悪くない印象。ここは鋭い踏み込みから一気に逃げ切る。

地元で好気合の三角が対抗。アシは目立たないが、気迫の攻めを繰り出して逆転を狙う。

〔1〕=〔5〕を主力に、北野と真田の連入で〔1〕〔4〕、〔1〕〔6〕。

【3連単】は〔1〕=〔5〕〔4〕、〔1〕=〔5〕〔6〕、〔1〕〔4〕=〔6〕。
引用元:サンスポZBAT!

【7日多摩川11R】本紙の見解

 《W準優勝戦後半》3日目後半12Rで大外から鮮やかなまくり差しを決めた三浦敬。エンスト後もアシに不安はなく、インからパワフルに押し切る。

カドから攻める三浦洋へ〔1〕=〔4〕を中心に、山本と宮武へ〔1〕〔5〕、〔1〕〔2〕が押さえ。

【3連単】は〔1〕=〔4〕〔5〕、〔1〕=〔4〕〔2〕、〔1〕〔5〕=〔2〕。
引用元:サンスポZBAT!

【7日多摩川12R】本紙の見解

 《W準優勝戦後半》3日目までオール連対と好調をキープしている間嶋が逃走を図る。エンジンはパワフルに動いており、持ち場のインで本領を発揮する。

機敏に展開を捕らえる深谷へ〔1〕=〔5〕が本線。カドから果敢に攻める木田と、差して追走する大野で〔1〕〔4〕、〔1〕〔2〕を押さえる。

【3連単】は〔1〕=〔5〕〔4〕、〔1〕=〔5〕〔2〕、〔1〕〔4〕=〔2〕。
引用元:サンスポZBAT!

【7日三国10R】本紙の見解

守田俊介

【準優】守田は逃げと差しで4日目をピンピンと勢いづく。1Rから安定板が装着されたが、変わらず軽快な動きをみせていた。出足中心に仕上がりは良好でSもバッチリと決まっている。イン速攻で優出一番乗りを果たす。

SGV3の実績を誇る原田の好位戦も単級の評価が必要だ。課題のターン回りを上向かせて、(2)コースからシャープに差し込む。深井のセンター戦や、活躍が光る百武も連圏内だ。
引用元:サンスポZBAT!

【7日三国11R】本紙の見解

上條暢嵩

【準優】オール3連対の好成績で予選2位通過した上條が中心。51号機は前検時点で複勝率28・0%しかなかったが、序盤から変わらず出足系統に十分な手応え。今節2戦2勝のインから押し切って、ファイナルへ勝ち上がる。

先月の浜名湖ヤングダービーを制したばかりの関も不気味な存在だ。強力な出足、行き足を発揮して差し逆転をもくろむ。テクニシャン・前沢も機力は上向いており侮れないところ。山本も連争いは可能だ。
引用元:サンスポZBAT!

【7日三国12R】本紙の見解

萩原秀人

【準優】昨4日目を21着にまとめた地元の萩原が8戦6勝で予選トップ通過を決めた。桐生順平(帰郷)を相手に押し切った初日ドリーム戦から変わらず回り足は良好。同県先輩の武田をカベ役にしてイン速攻を決める。

その武田が相手筆頭だ。整備が奏功して機力アップに成功。(2)コースから差し続いて福井ワンツー決着へ持ち込む。割って入るなら伸びに手応えをつかんでいる石田章と坪口だろう。
引用元:サンスポZBAT!

【7日戸田4R】白井、素早い差しで抜け出す白井

 前節の児島66周年記念は準優で5着に敗れた白井だが、「リズムは悪くないと思うよ」とまずまずの調子をキープしている。手にした『60号』は「重たさはあるけど、下がることはなくて普通はある」と感触は悪くなさそうだ。4Rは素早い差しで抜け出す。【3連単】は〔2〕〔1〕、〔2〕〔5〕、〔2〕〔4〕から3着流し。
引用元:サンスポZBAT!

【7日戸田6R】絶好枠の星がパワーを発揮して全速逃げ

 ≪叶えてこその“夢”舟券!≫見応え十分の6日間が始まりますよ! きょうから戸田で『GI戸田プリムローズ』がスタート。ベテランから若手までバラエティーに富んだ選手たちが、激しいバトルを繰り広げます。過去2回は桐生順平、中田竜太と地元の埼玉支部勢が連覇。今回も地元勢が意地を見せるのか、それとも遠征勢が大暴れするのか。お近くのかたはぜひ本場に来て、迫力満点のレースを堪能してください!

初日は6Rの星栄爾で勝負します。9月中旬に徳増秀樹が7戦オール連対で優勝を飾った好素性機『9号』をゲット。前検の感触は今ひとつだったようですが、調整が合えばパワーを発揮するでしょう。ここはインからの押し切りに期待します。3連単は(1)(4)、(1)(2)、(1)(3)から3着流し12点。
引用元:サンスポZBAT!

【7日戸田8R】上昇機を手にした山口達のまくり差し

 ≪“海老”情報で鯛を釣れ!≫前節のルーキーシリーズ第17戦で柴田直哉がデビュー初優出(6着)を果たした上昇機『39号』を手にした山口達。「まずまずの感触だった。気になるところはない」と前検日は好感触を得るまでには至らなかったようだが、柴田が抜群の出アシと回りアシに仕上げていただけに、初日から快パワーを発揮する可能性は十分だ。ここは鋭発を決めて鋭く切り込んで抜け出すとみて、3連単(4)(5)、(4)(2)、(4)(3)から3着流し12点を狙う。
引用元:サンスポZBAT!

【7日戸田12R】本紙の見解

 《ウインビードリーム》絶好枠に構える峰が本命だ。前検では相棒『10号』の手応えは今ひとつだったようだが、整備も視野にきっちりと機力を高めてくるはずだ。インから速攻逃げを披露する。

快パワー機を手にした山崎が素早く差し込む〔1〕⇔〔2〕が本線。大会連覇へ気合が入る中田、近況が好調の辻へ〔1〕〔3〕、〔1〕〔4〕を押さえる。

【3連単】は〔1〕⇔〔2〕〔3〕、〔1〕⇔〔2〕〔4〕、〔1〕〔3〕⇔〔4〕。
引用元:サンスポZBAT!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.