【ニュースまとめ】久田敏之、きょう引退の父正晴に好走捧ぐ

久田敏之、きょう引退の父正晴に好走捧ぐ/戸田


父の引退レースを前に感慨深げに語る久田敏之

<戸田ボート:戸田プリムローズ>◇G1◇2日目◇8日

久田敏之が今日、地元桐生で引退レースに臨む父正晴に感慨深げだった。「ここ1、2年ぐらいは気持ちがなくなった感じがしていた。この仕事は気持ちがすべて」。

父の38年間のレース人生には「尊敬している。これからは父の仕事で幼少期に触れ合う時間が少なかった分も埋めていければ」。メモリアルデーの3日目は4、11Rの2回乗り。「クセのあるペラを自分の形にした」と準優進出をにらむ。
引用元:日刊スポーツ

奥平拓也、機力に自信 ノーハンマーで優出/桐生


パワー機を生かして今年初優出を果たした奥平拓也(撮影・湯田坂賢一)

<桐生ボート>◇5日目◇8日

奥平拓也がノーハンマーのまま優出を果たした。周年Vの56号機に前検から手応えを得ていたが、準優は3コースからツケマイで2着。「前本さんとも変わらなかったし上位級です」と機力に自信を深めた。

課題となるのはスタートだ。「早く見えて難しい。遅れないようには行きたいけどね」。優勝戦は6枠で登場。内の壁は厚いが、今節は2日目に6コースからの白星もある。全速まくり差しを再現して、今年初優勝を目指す。
引用元:日刊スポーツ

武重雄介、山口の先輩大賀へ初V届ける/平和島


今度こそ逃げ切りVを決める武重雄介(撮影・中川純)

<平和島ボート>◇3日目◇8日

「1号艇は3回目。ほどよい緊張感でいける」。武重雄介はそう言い放った。03年11月にデビューして約15年、優出は通算26回目になる。

のどから手が出るほど欲しい優勝だが、10号機への信頼感もあり、思いのほかリラックスしている。「平和島は相性いいです。前回の6月も最後は選抜戦で1着。大賀(広幸)さんが見ていると思う。終わっていい報告をしたい」。今節を直前欠場した山口の先輩へ、初Vを届ける。
引用元:日刊スポーツ

【9日戸田】選手コメント

白井(2、10R)整備して行きアシから伸びが良くなった。乗り心地は悪い

岡崎(3、7R)直線も回りアシも悪くないと思う。バランスがとれている

松田祐(3、10R)伸び型。展示タイムが出ているし、結構良さそう

久田(4、11R)ペラが中途半端で乗りづらい。スリット近辺のアシは普通

須藤(5、9R)悪くなく普通くらい。レースアシを求めて調整を続ける

若林(6R)いいと思う。起こしと行きアシが良く、スタートが決めやすい

吉田(11R)塩田選手のほうがよさそうだが、自分のも中堅上位はある
引用元:サンスポZBAT!

【9日戸田12R】選手コメント

〔1〕山崎 伸び寄りのアシ。乗り心地と回りアシがもう少しなので、ペラを調整

〔2〕原田 グリップ感が甘かった。調整が合えば全体的によくなるので微調整

〔3〕石塚 乗れるようになった。伸びる感じはあるが、もう少し伸びてほしい

〔4〕金子 ペラを叩いて初日よりはいい。機勝率以上はあって、レースはできる

〔5〕村松 アシ自体はいい。初日より乗りやすさがきて、レースがしやすい

〔6〕坪井 いろいろ調整したが、ターンで押していない。直線も少し劣勢
引用元:サンスポZBAT!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.