【ニュースまとめ】塩田雄一22年ぶり優勝へ「集中するだけ」

塩田雄一22年ぶり優勝へ「集中するだけ」/平和島


準優10Rを逃げ切った塩田雄一。行き足、伸びは強力だ(撮影・中川純)

<平和島ボート>◇5日目◇25日

塩田雄一がその強力パワーで、準優10Rを難なく逃げ切った。

あまりに行き足がいいため「スタートは様子を見ながら行っても、いいタイミングで決まる」と言うほど。4日目に少し外した調整も5日目朝には元に戻り、節一級の仕上がりになっている。96年10月の尼崎以来、実に22年ぶり通算3回目の優勝へ向けて、「足はこのままでいいからのんびりと。レースに集中するだけ」。果敢な攻めでイン仲口に挑む。
引用元:日刊スポーツ

徳増秀樹ペラ調整奏功、今年100勝一番乗り/蒲郡

<蒲郡ボート:ボートレースダービー>◇SG◇3日目◇25日

年間最多勝争いの先頭に立つ徳増秀樹が、3日目7Rを逃げて快勝。

今年100勝一番乗りを決めた。初日後半、2日目と手前を求めてペラ調整を模索していたが、ようやく正解。「操縦性が良くなって、余裕がある感じ」と成果を強調した。この勝利で、予選突破への望みもつながった。4日目の出番は2、10R。10Rは大外枠だが「楽しみが出てきたし、何としても準優に乗りたい」と力を込めた。
引用元:日刊スポーツ

【ボート】蒲郡でSKE48がトーク&ライブショー

蒲郡ボートでトークショーを開催したSKEのメンバー

「ボートレースダービー・SG」(蒲郡、25日)

SGレースが開催されている蒲郡ボートで25日、SKE48の大場美奈(26)、青木詩織(22)、須田亜香里(26)、日高優月(20)、斉藤真木子(24)の5人が来場。トークショー、ライブを行い、平日ながら、多くのファンが詰めかけた。

3R終了後に行われたトークショーでは近況について触れ、今年の選抜総選挙で2位となった須田は「夏に夢だった写真集をやっと出せたんですが、出してみたら週刊誌に“2位なのに写真集は爆死”と書かれました」と明かした。それでも「(週刊誌に)こういう叩かれ方をしておいしかったです」と、悲しい現実を笑いに変えて話すと、他の4人からは「マイナスのことをプラスに考える捉え方は素晴らしい」と称賛。5人のやりとりに集まったファンは大いに盛り上がっていた。また、7R終了後にはライブも行われ、5人に大きな声援が飛んでいた。
引用元:デイリースポーツ online

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.