【ニュースまとめ】A2級勝負駆けの楠原翔太が2日目連勝を決めた

泥谷一毅も大阪勢大活躍の波に乗る/江戸川


泥谷一毅が初日連勝発進。近況、江戸川で好成績を残す大阪勢の勢いを駆って3連勝を狙う(撮影・木村重成)

<江戸川ボート>◇初日◇28日

泥谷一毅(37=大阪)が初日連勝と絶好の滑り出しを決めた。

初日は2枠&1枠の内枠デー。3Rは差し、11Rは逃げで好枠を生かし切って結果をしっかり残した。

「(前検からは)何もしてないけど、展示タイムが示すように、伸びはいいですね」と40号機は複勝率41・5%通りに動いている。

実は江戸川は今年9月から前節のG2・MB大賞まで6節、行われているが、そのうち4回の優勝が大阪支部。9月7日に勝った上田龍星から始まり、浜崎誠、岡村仁、G2優勝の鶴本崇文と、大阪支部のVラッシュとなっている。

「なんか、最近の江戸川は大阪祭みたいなんでね。頑張りたいね」と泥谷。江戸川で活躍する大阪支部の勢いに乗っていきたいところだ。

ちなみに大阪支部の優勝以外の残り2節の優勝者は遠藤エミと君島秀三。両者とも滋賀支部で江戸川ボートの秋開催は大阪と滋賀の近畿地区勢が上位を独占している。

2日目は2Rの1回乗り。5号艇ではあるが、伸びを生かしたまくり差しで3連勝を狙う。
引用元:日刊スポーツ

A2勝負の楠原翔太「エンジンさまさま」連勝/尼崎


A2級勝負駆けの楠原翔太が2日目連勝を決めた(撮影・北條直治)

<尼崎ボート>◇2日目◇28日

楠原翔太(27=福岡)がA2級に向けて勝負している。

2日目は1Rでまくり、後半の6Rで逃げて連勝を飾り、初日の4着から巻き返した。

「エンジンさまさまですね。ターン回りが良くて、回ってから出ていきます」と、レース足の良さを猛アピール。

1走1走が大事になるだけに、上々のエンジンを味方にもうひと暴れといきたい。
引用元:日刊スポーツ

池田雷太「今はインまで取るようにしてる」/桐生

<桐生ボート>◇前検日◇28日

池田雷太(53=東京)が今年5月に乗った60号機を再び引き当てた。

「足はまあまあの感じ。ただ前回とはレーススタイルが違うからね。今はオールスローでダッシュには入らない。ピット離れで出ればインまで取るようにしてる」と話し、イン屋としての立ち回りを説明した。

初日3&8Rはひとつでも内を狙い、コース取りから魅了する。
引用元:日刊スポーツ

森永淳が好ムード「特訓でだいぶ余裕あった」/大村


機力に手応えをつかんだ森永淳が初日好発進を目指す(撮影・坂中昭子)

<大村ボート>◇前検日◇28日

森永淳(37=佐賀)が好ムードだ。引いた32号機は複勝率20%台だが、前検では数字以上の手応え。

「特訓ではだいぶ余裕があった。伸びていったし回った感じもいい」と感触は良好だ。

初日は7、12Rの2走で3、1枠。パワーを武器に連勝を狙う。
引用元:日刊スポーツ

正木聖賢、全体に気配アップ/下関

<下関ボート>◇G3◇3日目◇28日

正木聖賢(43=広島)がシリーズ2勝目を挙げた。

後半9R、インからコンマ06の好スタートを決めて先マイ。「行き足が良くなっているんでしょう。日増しに仕上がって、初日とは全然違う足になっています」。機力も徐々に上向いてきた。

予選ラストとなる4日目7Rも、気迫の走りで準優進出を決める。
引用元:日刊スポーツ

【浜名湖】11月4日(日)レース場周辺道路の交通規制について

11月4日()第10回浜名湖マラソン開催のため、9時30分から11時45分まで下記図の赤く塗られた区間が封鎖されます。
ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

引用元:ボートレース浜名湖 Official Site

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.