【徳山】強力外来勢の前に立ちはだかる地元の総大将・今村豊

御大・今村豊が1番時計「足は悪くなかった」/徳山


前検を行う今村豊(撮影・菊川光一)

<徳山ボート:徳山クラウン争奪戦>◇G1◇前検日◇1日

今村豊(57=山口)が前検でトップタイムをマークした。

「足自体は悪くなかった」と感触もまずまず。初日は12Rドリーム戦に1枠で登場する。地元の御大が、地元の周年記念で意地の走りを披露する。
引用元:日刊スポーツ

グランプリ勝負の太田和美は「悪くなさそう」/徳山


「回った感じも悪くない」と語る太田和美(撮影・菊川光一)

<徳山ボート:徳山クラウン争奪戦>◇G1◇前検日◇1日

太田和美(45=大阪)は1日現在、賞金ランク22位。この後は大村G2の出走も残しているが、芦屋チャレンジカップはF休みのため欠場。

グランプリ出場へ向け、最後のG1となる今節は正念場だ。手にしたエンジンは複勝率30・7%の65号機だが、「数字は良くないけど、悪くなさそう。回った感じも悪くない」と手応えは悪くない。

初日の出番は3R4枠、8R6枠の2走。気迫の走りで外枠も克服する。
引用元:日刊スポーツ

【徳山ボートGI徳山クラウン争奪戦】強力外来勢の前に立ちはだかる地元の総大将・今村豊


今村豊

【ボートレース徳山GI開設65周年記念「徳山クラウン争奪戦」(2日開幕)初日ドリーム展望】ボートレース徳山のGⅠ「開設65周年記念/徳山クラウン争奪戦」が2日、熱戦の火ぶたが切られる。地元が誇るダブルエースの白井英治と寺田祥がF休みのため参戦不可能となった“異常事態”に、山崎智也、太田和美、池田浩二、笠原亮、井口佳典、桐生順平ら強力外来勢が大挙襲来。これらを迎え撃つべく大御所の今村豊をはじめ谷村一哉、原田篤志ら山口支部総勢8人が立ち上がる。初日、2日目のメインにはダブルドリーム戦(クラウンドリーム、すなっちドリーム)が組まれている。

1号艇に配された今村豊が地元の総大将として強力外来勢の前に立ちはだかる。

6月当地のSGグランドチャンピオンで活躍を見せた白井英治と寺田祥の両選手がF休みのため不在となる今回は、いつも以上の期待がのしかかる。いくつものプレッシャーをはねのけてきた艇界のレジェンドが意地を見せる。

山崎智也は9月児島のGⅠ66周年記念で強力パワーのエンジンを味方に2016年の蒲郡SGグランドチャンピオン以来となるグレード戦でのVを飾った。近況はエンジン出しに苦労しているが、エンジン次第では、まだまだ衰えていないことを証明した。

当地周年連覇を狙う笠原亮も怖い。1月の64周年を制すると、10月戸田のGⅠ62周年記念でもVを達成。8月まるがめのSGメモリアルでも優出2着するなど、今年の充実度は目を見張る。年末の住之江グランプリのシード権獲得も射程内としており、まだまだ手を緩める気配はない。

復調気配の池田浩二。V歴は4月津、8月とこなめの2回だが、2月とこなめのGⅠ東海地区選優出4着、6月下関のGⅠ64周年記念優出6着、7月尼崎のGⅠ66周年記念優出5着、直前の蒲郡ダービー優出6着と記念戦線でもコンスタントに顔を出しており、16年9月宮島の62周年記念以来のビッグレースVがあってもおかしくない。

茅原悠紀はSGグランドチャンピオンで優出2着として、改めて当地巧者ぶりを見せつけた。12年9月のGⅠ新鋭王座、昨年2月のGⅠ中国地区選とGⅠ2Vの実績が光る。

魚谷智之は今年はVなし。優出歴も一般戦の2回のみと不振にあえいでいる。当地は54周年の覇者でもあり、通算4Vの実績があり、好相性水面で浮上のキッカケをつかみたいところ。
引用元:東スポ

【徳山ボートGI徳山クラウン争奪戦】GⅠ戦線復帰の桐生が大暴れ


桐生順平

【ボートレース徳山GI開設65周年記念「徳山クラウン争奪戦」(2日開幕)2日目ドリーム展望】昨年の賞金王・桐生順平が1号艇に構える。6月当地のSGグランドチャンピオンでは低調エンジンに苦しみながらも勝負強さを見せて優出(3)着とした。4月からつのGⅠ65周年記念準優のFによるペナルティーも終わり、今大会からGⅠ戦線復帰。いきなりのフルスロットルで暴れ回る。

井口佳典は3月浜名湖のSGクラシックを制覇、8月まるがめのSGメモリアルでも優出4着、前走の蒲郡SGダービー優出4着と今年は高値安定。10年ぶりのグランプリ制覇へ向け集中力を高めていく。

太田和美は前半戦では出走回数不足でA2級落ちしたが3月三国のGⅡ・MB大賞でVを達成するなど着実に賞金の上積みに成功。A1級に復帰して近況も9月びわこのGⅠ・66周年記念でも優出4着など、そろそろ大仕事をやってのける兆しを見せている。

辻栄蔵は9月桐生のGⅠ・62周年記念で全24場制覇を達成するなど今年は14優出3Vと絶好調だったが、10月戸田のGⅠ・62周年記念準優でFを切ったのが気がかり。ペースダウンとならなければいいのだが…。

中島孝平は5月尼崎のSGオールスターでVを飾ったが、目立った戦績はこれだけ。以降は記念戦線でも結果を残せておらず、目下、賞金ランク5位と年末のグランプリ出場は圏内だが尻すぼみでは終われない。

坪井康晴は近年、春先に良績が集中し、近況はペースダウンしている。本人は意識していないだろうが、もうひと踏ん張りといきたいところ。
引用元:東スポ

【徳山ボートGI徳山クラウン争奪戦】不調の原田「ここで結果を出す」


原田篤志

【ボートレース徳山GI開設65周年記念「徳山クラウン争奪戦」(2日開幕)注目選手】原田篤志(39=山口)にとって、ノドから手が出るほど欲しい地元記念のタイトル。1月の64周年記念ではエース機といわれるエンジンを超抜に仕上げて準Vとあと一歩のところまでたどり着いた。「チャンスがあっただけに悔しい」と振り返る。

地元のA1級レーサーとして、すっかり定着。当地水面を走る時には常にV争いを演じるが記念のカベを打ち破れない。「一般戦は普通に勝ち上がれるけど記念になると、あまり良くない」

今大会は白井英治、寺田祥がF休みで不在。

地元記念の看板は代わりに背負って走り抜く覚悟はできている。「地元なのでSは有利だし、調整も分かっている。あとは何といってもエンジン。中堅上位くらいのエンジンを引ければ」と自信を秘めている。
引用元:東スポ

【徳山ボートGI徳山クラウン争奪戦】エース機は「55」と「69」

【ボートレース徳山GI開設65周年記念「徳山クラウン争奪戦」(2日開幕)エンジン&水面】

<エンジン>5月の初下ろしから10節以上使用され、相場はほぼ固まっている。前々節から温水パイプが装着され多少の影響は見られるが、上位機と言われるエンジンの大勢に影響はない。

エースと呼ばれるのは「55」と「69」が双璧。55号機は出足が強烈でターン出口からバックへ抜ける足が際立っている。69号機は伸びに特化しており、行き足~伸びはトップ級だ。

17号機は6月SG「グランドチャンピオン」V機。調整が合えば出足、伸びともに抜群だ。62号機は6優出(1V)を数え、レース足が良く、誰が引いても安定した力を発揮してくれる。22号機は原田幸哉が全24場制覇を達成した出足型エンジンで伸び型にシフトチェンジも可能。31号機は春先までエース機と言われ、近況はターン回りはしっかりしている印象だ。

43号機は出足が強力で前々走の高倉和士にデビュー初Vをもたらした。14、23号機も出足型で上位機の一角。12、57号機は伸び型でスリット近辺の行き足がいい。また、20、40、58号機はパイプがついた影響か足落ち気味の印象だが以前は上位機と遜色はなかった。15、53号機は近況上昇中のエンジンだ。

<水面>山口県南東部、瀬戸内海沿岸の笠戸湾に面した海水プール。終日、緩やかな追い風が吹き、比較的穏やかな水面で行われることが多い。プールの水深があるため、干満差の潮位の変化は大きい。満潮時は乗りにくくなる影響が見られるが、干潮時は広い1M側から思い切り握って回れるためイン逃げ天国となる。風の変化も重要で地元選手でも「風が読めなくてSが難しい」との声はよく聞かれる。
引用元:東スポ

【徳山ボートGI徳山クラウン争奪戦】噂の周南グルメを紹介


ソレーネ周南の店舗

【ボートレース徳山GI開設65周年記念「徳山クラウン争奪戦」(2日開幕)道の駅「ソレーネ周南」に立ち寄るべし!】道の駅・ソレーネ周南は山口県周南市の西の玄関口として、道路利用者が快適に休憩できる場所を提供するとともに「オール周南で24時間 周南ブランド発信」をキャッチフレーズに掲げ、地産地消をモットーに地域の人たちとの交流の場としても積極的に周南市をアピールしていく。グルメを中心に「ソレーネ周南」の魅力を伝える。

まずは直営店のベーカリーキッチン「菜」だ。地元の食材をふんだんに使ったレストランで、店内は窓から差し込む自然光が明るく清潔感があふれている。10月からボリュームたっぷりの4種類の「鉄鍋ハンバーグ定食」が登場して食欲をそそる。周南市鹿野にある鹿野ファームで育成された鹿野高原豚(かのこうげんとん)を100%使った柔らかハンバーグをアツアツの鉄鍋でいただくと、まさに至福のひと時。ごはんとおみそ汁、サラダ付で「チーズカレー」「すき焼き」は1500円、地元の麦みそを使った「ホワイトみそ」「トマトみそ」は1300円となっている。

鹿野ファーム直営の「ビストロ鹿野農場」では和牛、豚肉、ハム、ソーセージなど、さまざまな食品が売られている。特に和牛、丼物はここでしか買えない。「鹿野高原ハンバーガー」650円は普通のハンバーガーに比べてひと回り大きく食べ応えタップリ。旅の活力にはもってこいだ。

「朝搾りソフトクリーム titi(チチ)藤井牧場」では、周南市和田の藤井牧場で毎朝搾った牛乳で一から作られる「朝しぼりソフト」がオススメ。「他にはない味。原材料から作るので全く味が違います。また、ソフトクリームマシンも県内でも数台しかないイタリア製なんです」と女性店長さんが、こだわりを語ってくれた。1番人気のミルクコーン250円をひと口食べて納得。濃厚でクリーミーな味わい。後味もスッキリしていて何より混じりけのないソフトクリームの白さに驚かされる。

24時間直売所の「ゆーとぴや」はソレーネ周南の核となる店舗。新鮮な野菜や果物、特産加工品からスイーツが毎日届く。出荷も24時間体制のため、生産者とお客さんのパイプ役として常に活気がある。野菜はもちろん、魚も水揚げされたものが、そのまま店先に並ぶという新鮮さ。中間コストがない分、お財布にもやさしい価格設定だ。コンビニスペースも併設され地域に根差した直売所となっている。末益康善店長は「ワインや清酒など、ここにしかないオリジナル商品、食べ物があるし、ぜひ足を運んでいただければ」とアピール。また、末益店長が猛プッシュしているのが鹿野ファームと大手食品メーカーの㈱シマヤがコラボしたソレーネオリジナル商品「周南物語肉みそ170g」(594円)だ。ホカホカごはんの上に周南物語肉みそをのせてさらに生卵をドンとかければ最高の組み合わせが完成する。

【ソレーネ周南】山口県周南市大字戸田2713番地 TEL0834・83・3303
<アクセス>
車 山陽自動車道(下り)徳山西IC下車、約0・6㎞(約1分)、(上り)防府西IC下車、約17㎞
電車 JR山陽本線戸田駅から徒歩30分。

【ベーカリーキッチン菜】営業時間午前11時~午後3時

【ビストロ鹿野農場】営業時間午前10時~午後5時

【titi(チチ)】営業時間 平日は午前10時~午後5時30分、土・日曜、祝日は午前10時~午後6時。※冬期は午後5時まで営業。
引用元:東スポ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.