【若松】瓜生正義ドリーム快勝も「まだ合っていない」

瓜生正義ドリーム快勝も「まだ合っていない」/若松


モーター16号機は数字上51・5%と今節断然のエース格だが、瓜生正義は「まだ合ってない」と納得していない様子だ(2018年10月31日撮影)

<若松ボート:全日本覇者決定戦>◇G1◇初日◇1日

ドリーム1号艇の瓜生正義(42=福岡)がトップスタートを決めて逃げ切った。

「スタートはしやすいけど、まだ合ってなくて、複勝率(51・5%)の出方じゃない」と勝利にも納得の笑顔はなし。

「ペラを大幅にたたき変えてみる」と、2日目2走を見据えてパワーの上積みを図る。
引用元:日刊スポーツ

瓜生ドリーム戦制す 若松G1

 若松ボートのG1 66周年記念「全日本覇者決定戦」が1日、幕を開けた。初日メインのドリーム戦は、瓜生正義がインから堂々と押し切った。機2連率が50%を越えている16号機が相棒なだけに、まだ不満を残しているが、決して悪い動きではない。2着の浜野谷憲吾よりも、着外の田村隆信と吉川元浩の方が好感触。予選組では守田俊介が連勝発進。機力は平凡でもダービー王が勢いに乗る。春園功太の52号機、三井所尊春の9号機などメーカー機が額面通りの動き。当地G1連覇を狙う仲谷颯仁も手応え上々だ。前田将太が負傷のため帰郷。
引用元:西スポ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.