【児島】予選トップの長嶋が主役の座は譲らない!

【8日児島10R】本紙の見解

海野ゆかり

【準優10R】 海野は予選ラウンドを大崩れなくまとめて得点率3位。操縦性に不満を残すが足そのものはここでも負けることはない。昨10Rでインから2着惜敗を喫した雪辱を期し、気合のイン速攻を放つ。

強敵は田口だ。前回7月戦で優勝した24号機との再タッグで仕上がりは前回以上。海野の隙を突いて鋭く差し込めば逆転もある。今夏の女王・山川の勝負強さも侮れない。堀之内は山川を制して先攻めに活路。
引用元:サンスポZBAT!

【8日児島11R】本紙の見解

大山千広

【準優11R】 大山が不動の軸だ。昨7Rでは(6)コースまくり差しの大技で3勝目を挙げるなど、超抜11号機のパワーは別格。多少スリットで後手に回ってもインから力強く伸び返し、先マイ一気に後続を断つ。

焦点は次位争い。その筆頭は地元の若狭だ。最多タイの3勝をマークして足は全体に上位級。地元初優出へ狙い澄ました差しを繰り出す。百戦錬磨のベテラン日高も、渡辺優の攻めに乗って巧みに連突入を図る。
引用元:サンスポZBAT!

【8日児島12R】本紙の見解

長嶋万記

【準優12R】 長嶋vs岡山勢の構図となったが、予選トップの長嶋が主役の座は譲らない。昨11Rではインから2着に敗れたが「これでわかった」と調整への不安もなし。上位級の実戦足を武器にインから力強く押し切ってみせる。

昨連勝と気を吐いた寺田が対抗。地元エースが機力不足をテクで補い、巧ハンドルで長嶋に迫る。守屋は外の攻めを封じつつ俊敏差しで一角崩しへ。福島はカド柔軟に好位浮上を狙う。
引用元:サンスポZBAT!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.