【ニュースまとめ】絶好枠を獲得した深谷が最後も主役の座を譲らない!

【8日尼崎12R】本紙の見解

 先月の尼崎前回戦で7連勝パーフェクト優勝を飾った芝田だが、今回引いた64号機には「体感が悪い」と渋い表情。それでも地元での調整方法は心得ている。本番までは底上げしてくるだろう。絶好枠のここはマイペースのインからシャープな踏み込みで一気に逃げ切ってみせる。速攻力のある東本を対抗に期待。平凡な43号機だが特訓の動きは悪くなかった。カドからスタートを決めれば逆転まで。中辻は(2)コースからの差しハンドルで圏内に。東本次第で尾嶋にも出番。
引用元:サンスポZBAT!

【8日住之江12R】本紙の見解

深谷知博

準優1号艇トリオが順当に勝利したが、絶好枠を獲得した深谷が最後も主役の座を譲らない。それほど目立たない中堅のエンジンだったが、パワーの底上げに成功し3日目からは3連勝で予選をトップ通過。準優11Rも難なく逃げ切って今は不安要素もない。的確にSを踏み込んで先マイ一気の逃げでライバルを完封。今年のV7と9月に続く“住之江連覇”を果たす。

野沢が相手筆頭。初日ドリーム戦を(3)コースからまくり差して快勝し予選はオール3連対。深谷と同様に群を抜いた足気配はないが、軌道に乗せてきた調整力と技量は確か。(2)コースから鋭く差して逆転を狙う。シャープに切り込む大沢の一角崩しも十分。準優9Rで(4)カドから差した加藤が連圏内へ浮上を図る。待鳥、渋谷明の外枠勢も気配がよく侮れない。
引用元:サンスポZBAT!

大村MB誕生祭でPR

大村ボートのG2「モーターボート誕生祭」をPRするキャンペーンガールの近藤千尋さん

大村ボート(長崎県大村市)で11日に開幕するナイター・G2第22回モーターボート誕生祭(16日まで)のPR隊(大村市競艇企業局・福江豊企画課長ら4人)が7日、福岡市・天神の西日本スポーツを訪れた。

福江課長は「ナイター誕生祭の初代王者の称号を手にするのは誰か!! 6日間の熱戦にご注目ください」とPRした。売上目標額は50億円。

同場は9月に、全国で7番目となるナイターレース「発祥地ナイター」がスタートした。今回はナイター実施後、初のグレードレース開催とあって、SG覇者13人を含む豪華メンバーが集結。初日と2日目にダブルでドリーム戦が組まれ、初日12Rの「発祥地ドリーム」は山崎智也、辻栄蔵、原田幸哉、中島孝平、井口佳典、丸岡正典、2日目の「カステラドリーム」は太田和美、池田浩二、坪井康晴、岡崎恭裕、茅原悠紀、桐生順平-が出場予定。※枠番は前日に決定。

開催期間中はイベントも豪華。江頭2:50(11日)、今年大ブレークした、ひょっこりはん(14日)らによるお笑いライブや、あべ静江歌謡ショー(16日)など幅広い年代が楽しめるイベントが盛りだくさん。

PR隊にはキャンペーンガールの近藤千尋さんが同行。長崎県出身の近藤さんは「私の注目選手は地元の下條雄太郎選手です」とイチ押し選手を紹介。併せて「大村ボートでは恒例の交通費(最大5000円)などの還元サービスを実施します。この機会に、大村ボートへ遊びにきて選手を応援してください」と来場を呼び掛けた。
引用元:西スポ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.