【浜名湖】宮迫暢彦、見事逆転で価値ある6コース勝ち

鈴木賢一「やっぱりいいね」伸び生かし奮闘/浜名湖

<浜名湖ボート:ニッカン・コム杯>◇G3◇3日目◇8日

鈴木賢一(48=埼玉)が連日、ハイパワーを発揮している。

8Rのイン戦、渡辺英児が3カドに引いてまくろうとしたが、力強く伸び返した。スリット後に渡辺が諦めたぐらいで、1Mは大石和彦のまくりも受け止めた。

「やっぱり(伸びは)いいね。かかりも悪くなかったよ」。得点率は8・20(5走41点)まで上げた。

4日目も伸びを生かして準優1枠取りを狙う。
引用元:日刊スポーツ

渡辺英児シリーズ初勝利で34走連続3連対/浜名湖

<浜名湖ボート:ニッカン・コム杯>◇G3◇3日目◇8日

渡辺英児(49=静岡)が待望のシリーズ初勝利を飾った。

後半12R、6枠からスロー5コース進入となり、1Mは先に差した本部真吾の後に続く形。それでも、バックは内から並走に持ち込み、2Mは先取りした。

「差した後の出足がいい。伸びも中堅より上はある。レース向き」。

得点率は8・80(5走44点)の2位まで押し上げた。前節まで3節連続Vをマークして、現在は何と34走連続でオール3連対を続ける。

好調モードの中、予選ラストの4日目は6、10Rに臨む。
引用元:日刊スポーツ

宮迫暢彦、見事逆転で価値ある6コース勝ち/浜名湖


「中間速から出足、回り足がいい」と語る宮迫暢彦(2018年11月5日撮影)

<浜名湖ボート:ニッカン・コム杯>◇G3◇3日目◇8日

宮迫暢彦(50=大阪)が価値ある6コース勝ちを決めた。

後半10R、4カド服部幸男がまくる展開で、5コース森弘行が差し抜けた。宮迫は最内を差して2番手だったが、2周1Mの差しで逆転勝ち。「出ている森(弘行)君に勝ってうれしい。中間速から出足、回り足がいい。後半はチルト0度で乗りやすさがあった。ペラは触っていない」。

得点率は7・40(5走37点)まで上昇。予選ラストの4日目は4、11Rで、さらにポイントを稼ぐ。
引用元:日刊スポーツ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.