【ニュースまとめ】引退した母に代わっての出場で大山千広がV

川上剛「乗り心地かなりいい」逃げ快勝に満足/芦屋

<芦屋ボート>◇3日目◇9日

川上剛(37=福岡)が3日目12R、インからコンマ12のスタートを決めて逃げ切った。

「出足、乗り心地はかなりいい。伸びも負けないくらいはある」と舟足には満足げ。6走しての平均スタートもコンマ12と上々だ。

引用元:日刊スポーツ

服部幸男、勝負駆け成功「普通になったね」/浜名湖

<浜名湖ボート:ニッカン・コム杯>◇G3◇4日目◇9日

服部幸男(47=静岡)が連勝で勝負駆けに成功した。前半4Rで逃げると、後半7Rはイン大庭元明が立ち遅れ、2コースから難なくまくった。

「ようやく普通になったね。昨日(3日目)の整備が良かった」。3日目のキャリアボデー交換が実って気配アップ。5日目の準優11Rも楽しみだ。
引用元:日刊スポーツ

【ボートレース児島オールレディース】引退した母に代わっての出場で大山千広がV


児島ボートで優勝した大山千広

ボートレース児島「G3オールレディース・第30回瀬戸の女王決定戦」の優勝戦が最終日の9日、第12レースで行われ、1号艇の大山千広(22)=福岡=がインからコンマ11のトップスタートを打って逃げ切り快勝。今年3度目、通算4度目の優勝を決めた。2着は長嶋万記、3着は金田幸子が入った。

今節、大山は10月1日最終日の蒲郡を最後に現役を引退した母・博美さん(52)に代わって追加での出場。エース格の11号機を味方にパワフルな走りでVを決めた。この優勝で、昨年は羽野直也が獲得した最優秀新人(デビューから4年目まで)のタイトル争いで一歩リード。女子の獲得となれば、2009年の平山智加、2010年の平高奈菜以来となる。

次走は11日からの福岡ヴィーナスシリーズ。そして、20日からの芦屋・レディースチャレンジカップで暮れの平和島・クイーンズクライマックス出場を目指す。

大山千広「エンジンは出口の押しがあったし、先に回れば大丈夫と思ってました。今日は(引退した)母への感謝の気持ちを込めて走りました。クイーンズクライマックス出場もみえてきたので頑張りたい」
引用元:スポーツ報知

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.