今日の予想fromサンスポZBAT!(18.09.18)

【18日平和島12R】本紙の見解

 《12R・優勝戦》絶好枠を獲得した池田二が本命だ。初日からオール連対とエンジンは変わらずトップクラス。スタートで遅れることも考えづらく、インから押し切って今年3度目のVを飾る。

差して逆転を狙う地元の杉山へ〔1〕=〔2〕が本線。3日目連勝の上平と、展開をとらえる永井へ〔1〕〔3〕、〔1〕〔5〕を押さえる。

【3連単】は〔1〕=〔2〕〔3〕、〔1〕=〔2〕〔5〕、〔1〕〔3〕=〔5〕。
引用元:サンスポZBAT!

【18日戸田12R】優勝戦“裏予想”

金田諭

《これからボートの話をしよう。》

『日本財団会長賞』最終日(5日間開催、準優2レース制)

準優は予選2位の徳増が11Rを順当に逃げたのに対し、12Rに1号艇で臨んだ予選首位の金田諭はスリットで後手を踏む苦しい展開。まくってきた長岡に抵抗したぶん山地、西川に差しを許したが、かろうじて3着を確保し、当地23度目の優出を果たした。

「悔しいけど、しようがないですね。スタートは仕掛けたつもりだったけど、思ったより風が吹いていて…」と金田。ファイナルは5号艇となったが、「出アシは結構いいので、展開があればね。スタートは切らない程度に、コンマ0台の後半を行ければいい。乗り味は大丈夫なので、どこか開いたところに入れれば…」と気持ちを切り替えていた。

ということで12R・優勝戦の“裏予想”は金田。セミファイナルで攻め切れなかったぶん、目いっぱいのスタートをたたき込み、地元水面9度目となるVをたぐり寄せる。3連単は(5)-(1)(2)(3)-全で。
引用元:サンスポZBAT!

【18日戸田12R】本紙の見解

 《12R・優勝戦》準優11Rを危なげなく逃げ切った徳増が、1号艇をゲット。スリット付近のアシはしっかりしており、スタート勘もバッチリつかめている様子だ。インから外5艇を圧倒し、当地3度目&今年7度目のVを飾る。

パワーは引けをとらない星野と、外めから切り込む金田へ〔1〕〔3〕、〔1〕〔5〕が本線。差し一本に狙いを絞る山地の絡みで〔1〕〔2〕が押さえ。

【3連単】は〔1〕〔3〕=〔5〕、〔1〕〔3〕=〔2〕。
引用元:サンスポZBAT!

【18日江戸川12R】本紙の見解

 《12R・選抜》絶好枠に組まれた遠藤が中心だ。当地は2節走って、ともに優勝を飾るなど、相性は文句なし。前検練習の動きも悪くなく、インから豪快に押し切る。 内寄り香川が差して肉薄する〔1〕⇔〔2〕を本線に、果敢にツケ回る津田と、快速機を手にした大豆生田へ〔1〕〔3〕、〔1〕〔5〕が押さえ。

【3連単】は〔1〕=〔2〕〔3〕、〔1〕=〔2〕〔5〕、〔1〕〔3〕=〔5〕。
引用元:サンスポZBAT!

【18日児島】予選概況

 6枠の昨12Rを3着にまとめた谷川が3連対キープで得点率首位を快走。「変わらず全部いい」と節イチパワーで突っ走るか。その谷川含め上位4人がA2級勢。A1最上位は序盤3連勝と稼いだ5位の関口で、V最有力の前本は昨2勝目で6位。初日6着2本後212着と反撃した大峯が、地元の岡瀬と同率の11位タイで2走=8点の勝負駆け。西山昇は30位に沈み同19点の大勝負となった。
引用元:サンスポZBAT!

【18日児島10R】本紙の見解

天野晶夫

【10R】 枠番有利な天野に期待する。初戦後は白星なく「いい人はやっぱりいい」と上位との差を認めるが、(6)コースだった3走目を除けば大崩れはなく水準以上の気配はある。仕掛けの鋭い関口を“壁役”にイン一気の逃げ切りを図る。

昨44着で3連対の途切れた関口だが、回転さえ合えば実戦足は強力。本領の快S攻勢で天野に重圧をかけ、俊敏差しで突き抜けるシーンは警戒したい。高歴機の力を引き出してきた森も巧さばきで首位争いへ。出足良好な森林も連圏内。
引用元:サンスポZBAT!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.