今日の予想fromサンスポZBAT!(18.09.19)

【19日住之江12R】本紙の見解

 地元のV最有力候補・松井繁が絶好枠で登場する。手にした52号機は前回、権藤俊光が着順以上の足に仕上げたエンジンで素性的にも上々だ。前検特訓でも3本中、2本がゼロ台Sとスリット付近の行き足にも軽快さがあった。13年連続グランプリ出場を果たすためにも負けられない大事な今大会。ここは貫禄の逃走劇で王者の貫禄を示す。

相手筆頭には田中を推す。こちらの24号機は長谷川充をVに導いた強出足の上昇エンジン。特訓の動きも余裕を感じさせただけに期待は大きい。カドから俊敏自在のハンドルで松井に迫る。好素性機を操る田村の気配も悪くない。ビシッと調整を合わせてセンター筋から田中よりも先に攻めて出たい。吉川はもうひと足ほしいが、そこは調整手腕でカバーか。(2)コース順走差しで圏内をにぎわす。
引用元:サンスポZBAT!

【19日江戸川12R】本紙の見解

 《12R・記者選抜》香川のイン戦を信頼する。初日12Rは4着に敗れたものの、アシの仕上がりは悪くなさそう。スタートを決めて逃走態勢を固めてくる。

2連対発進の滝川が鋭く切り込む〔1〕⇔〔5〕を本線に、動きが軽快な渡辺優と、差しに的を絞る平田で〔1〕〔6〕、〔1〕〔2〕が押さえ。

【3連単】は〔1〕=〔5〕〔6〕、〔1〕=〔5〕〔2〕、〔1〕〔6〕=〔2〕。
引用元:サンスポZBAT!

【19日児島10R】本紙の見解

 【準優10R】 3日目までの得点率首位の座は守れなかった谷川だが、予選3位で準優の絶好枠を確保。3連対は途切れたが、節イチパワーに陰りはない。インから力強く押し切って優出一番乗りといく。

ただ一人オール3連対と安定感抜群の森が手堅く差して次位確保へ。足落ち気味の関口も速攻力の生きるカドなら怖い存在。芦沢はその関口を止められるかがカギ。仕掛け鋭い片橋や実戦足いい村上も侮れない。
引用元:サンスポZBAT!

【19日児島11R】本紙の見解

 【準優11R】 絶好枠に陣取る山口が中心だ。直前の中間整備で変貌を遂げた11号機とのタッグで特に行き足から伸びが強力だ。機力的に突出したメンバーもおらず、インから豪快ターンで後続を断つ。

調整に不満を残す稲田だが現状でも見劣る気配ではない。本領の攻撃力を武器に全速戦で好位浮上を図る。若林も機力は平凡だが手腕は確か。俊敏差しから次位争いに加わる。レース巧者の天野も軽視禁物だ。
引用元:サンスポZBAT!

【19日児島12R】本紙の見解

 【準優12R】 昨2走を21着にまとめ、逆転で予選首位通過を決めた前本が主役だ。依然、操縦性に課題は残すが伸びはトップクラスで足負けはない。優勝戦の1号艇ゲットへ貫禄のイン速攻を繰り出す。

正木は予選ラストの5着を除けばオール舟券絡みで実戦足が強力。真っ先に差して広島ワンツーを狙う。初日&昨12Rで前本のインに屈した大峯は“三度目の正直”へカド猛攻に出る。山田雄のS攻勢も要警戒。
引用元:サンスポZBAT!

【19日浜名湖4R】本紙の見解

 7月の江戸川でプロ初Vを飾った野中は、前走の芦屋も制するなど、目下絶好調だ。「リズムがいいし、自分自身も調子に乗るタイプなので」と流れの良さを実感している。「アシ併せでは弱めだったけど、特訓では周りと変わらなかった」とアシの感触は悪くなく、4Rは素早い差しでGI初勝利を決める。【3連単】は〔2〕〔1〕、〔2〕〔3〕、〔2〕〔4〕から3着流し。
引用元:サンスポZBAT!

【19日浜名湖】東西記者対抗真券バトル

大阪・井置 さすがはヤングダービー。今回はGI初出場組も多いし、ピットの雰囲気も何となく“フレッシュ”な感じがしますね

立山 こちらは3人とも40歳オーバーですが、気持ちはまだ20代ですから!

海老澤 立山さんは、もう少し大人になったほうがいいと思いますよ(苦笑)。それでは僕からいきますね。6Rは実力をつけている春園がインから押し切るでしょう。冷静に差す高野を相手に、〔1〕〔2〕から3着流しを各2500円

井置 8Rは絶好枠の長谷川で勝負します。連続優出中のエンジンを手にし、前検の動きもまずまずなら逃走は可能でしょう。〔1〕〔3〕、〔1〕〔2〕から3着流しを1000円ずつと、〔1〕〔5〕流しを500円ずつ

立山 それでは12Rのドリームでいきましょう。機力は文句なしの仲谷が、外からダッシュを乗せてまくり差しを決めるとみました。〔5〕の頭から総流し20点を各500円
引用元:サンスポZBAT!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.