今日の予想fromサンスポZBAT!(18.09.20)

【20日住之江12R】本紙の見解

 【12R】 絶好枠に構える吉川の地力を信頼する。初日前半8Rは道中で振り込み5着に終わったが、メインのドリームは(2)コースから差して2着。シャフト交換の効果もあってか、劣勢だった前検のようなことはなくなった。いずれにしてもこのイン戦はきっちり速攻戦を披露する。初日を2着2本でまとめた前沢のカド戦を相手筆頭に指名。枠劣勢でも好パワーの星は外せない。吉田も果敢攻めで連争いに。
引用元:サンスポZBAT!

【20日江戸川12R】本紙の見解

大豆生田蒼

《記者選抜》実績機『57号』を駆る大豆生田が本命だ。2日目8Rでは2コースから差し切り快勝。初日から3戦2勝、3着1本とパワー満点の走りを見せている。スリットから伸び返して先マイを果たす。
2日目連勝の栢場がカドから仕掛ける〔1〕⇔〔4〕を本線に、中川、原田への〔1〕〔3〕、〔1〕〔6〕が押さえ。
【3連単】は〔1〕=〔4〕〔3〕、〔1〕=〔4〕〔6〕、〔1〕〔3〕=〔6〕。
引用元:サンスポZBAT!

【20日児島12R】本紙の見解

前本泰和

入場門リニューアルオープン記念のサンスポ杯のラストも主役は前本だ。予選首位から準優12Rを逃げて優勝戦1号艇を奪取。回り足に不満を残すが、準優で大峯のカド強攻を封じ込んだように、上位級の伸びは健在だ。現在の賞金ランクは18位。4月のからつ65周年優勝戦のF罰則でGI&GIIへ出場できない中、2年連続グランプリ出場へ向けた賞金加算となる優勝は絶対に譲れない。今節ただ一人のSG覇者にして当地2度のGI制覇(当地通算はV10)を誇る巧者がイン速攻で今年V4を飾る。
強敵は谷川だ。逆転で2着を奪った準優10Rでみせた節イチパワーを武器にカド一撃での大物食いを狙う。直前の中間整備で一変した11号機を駆る山口の台頭も警戒。ただ一人オール3連対で当地V5と水面巧者でもある森も侮れない。
引用元:サンスポZBAT!

【20日浜名湖】東西記者対抗真券バトル

大阪・井置 ボクは初日8Rでビシッと的中。東京は2人ともハズれですか…。早いうちに当ててくださいよ
立山 そんなに焦らなくてもきっちり当ててみせますから。2日目は本紙・海老澤が魅せますよ!
海老澤 そこは自分じゃないんだ(苦笑)。とはいえ、2日目は自信がありますよ。6Rは好気配の仲谷が鋭く差し切るはず。〔2〕〔1〕、〔2〕〔4〕から3着流しを各1000円と、〔2〕〔5〕流しを各500円
井置 8Rの椎名もアシに好感触を得ていますよ。カド速攻に期待して〔4〕〔2〕、〔4〕〔5〕から3着流しを1000円ずつと、〔4〕〔6〕流しを500円ずつ
立山 それなら12Rの竹井奈がいいですね。スリット近辺のアシが良さそうだし、思い切りのいいまくり差しで抜け出してくるはず。〔5〕の頭から総流し20点を各500円
引用元:サンスポZBAT!

【20日浜名湖9R】高い旋回力誇る羽野のまくり差し

 《叶えてこその“夢”舟券!》初日7Rで狙った佐藤大佑は、鋭いまくり差しで1着。しかし、2着の竹井奈美を相手に選んでいなくてハズれ。伸び重視の調整にしてくるとみて佐藤大から外の選手を狙ったのですが…。完全に読みが外れました。
2日目に狙うのは9Rの羽野直也です。初日12Rのドリームはインから逃げて快勝。アシの感触も悪くなさそうで、GI覇者らしい旋回力の高さを見せつけています。ここは3コースから全速差しを決めて突き抜けるでしょう。3連単は(3)(1)、(3)(5)、(3)(6)から3着流し12点。
引用元:サンスポZBAT!

【20日浜名湖10R】機力の手応え上々河野が逃げる

 《“海老”情報で鯛を釣れ!》初日は2、1着と上々のスタートを切った河野。相棒となった『16号』には「ペラを叩いて良くなった。どちらかというと行きアシから伸び型。特にバックの伸びが良かった。スタートしたときも余裕があったし、ターン回りも上向いている。中堅上位から上位の間にはいると思う」と相当な手応えを感じているようだ。フライング持ちとはいえ、仕掛けにも不安はなさそう。ここは全速逃げで押し切るとみて、3連単(1)(2)、(1)(4)、(1)(5)から3着流し12点を狙う。
引用元:サンスポZBAT!

【20日浜名湖10R】気配の良さ光る佐藤翼に期待

 気配の良さが光る佐藤翼に期待する。6号艇で挑んだ初日12Rのドリームは、2マークの好旋回で3着に入った。「アシには納得している。回りアシ中心に良くて、伸びも仲谷と同じくらいはある」と底上げに成功しており、10Rは2コースから素早く差し切る。【3連単】は〔2〕〔1〕、〔2〕〔4〕、〔2〕〔5〕から3着流し。(立山友基)
引用元:サンスポZBAT!

【20日浜名湖12R】本紙の見解

小野生奈

《予選》伸びを中心に機力はトップ級の小野を信頼する。初日のドリームは5着に敗れたものの、道中の動きは悪くなかった。持ち前のスタート力を駆使し、イン速攻で決着をつける。
回りアシは軽快な守屋が内寄りから機敏に差し込む〔1〕⇔〔2〕が本線。果敢にツケ回る水野と、カド一撃を狙う中村桃へ〔1〕〔3〕、〔1〕〔4〕。
【3連単】は〔1〕⇔〔2〕〔3〕、〔1〕⇔〔2〕〔4〕、〔1〕〔3〕⇔〔4〕。
引用元:サンスポZBAT!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.