【特集】大村初ナイター!発祥地ナイターオープニングレースまとめ

大村初のナイター開催、発祥地ナイターオープニングレース。全国では7番目のナイター開催。

発祥地ナイター開幕レースで地元原田、下條、榎が気合満点!

『発祥地ナイター』のオープニングレースに、超豪華メンバーが集結する。中でも長崎エース・原田幸哉(長崎)の存在が光る。今年上半期が不完全燃焼だっただけに、記念すべきこのシリーズで派手な花火を打ち上げる。下條雄太郎(長崎)も我慢の走りが続いていたが、地元のここで一気に挽回だ。榎幸司(長崎)も得意の夏場なら手堅く優勝争いに参戦する。

守田俊介(滋賀)、瓜生正義(福岡)、佐々木康幸(静岡)、菊地孝平(静岡)と強力遠征陣が地元勢に襲い掛かる。一番の注目は、当地初制覇を狙う菊地だ。SG、GⅠでも優出歴があり、当地の航跡で決して見劣るわけではない。近況は勝率8点台に迫る勢いがあり、今度こそ大村初優勝を決めるか。一方、瓜生は当地GⅠ、GⅡで優勝歴、守田と佐々木も当地で複数回の優勝歴と水面実績は問題なし。萩原秀人(福井)は7月唐津で完全優勝を達成するなど勢い加速中だ。一瀬明(東京)もまだまだ活発な走りを見せている。権藤俊光(大阪)は前期F2の影響が不安だが、持ち味であるコーナー自在戦を駆使して上位へ迫る。
引用本:ボートレース大村

今節のスポット選手は原田 幸哉選手です。

発祥地ナイター いよいよ開幕!

いよいよナイターレースが開幕する。ボートレース発祥の地大村は「発祥地ナイター」と称して生まれ変わり、全国のお客様へ興奮と感動をお伝えしたい。

記念すべき「発祥地ナイターオープニングレース」は、地元のエース原田 幸哉選手が登場する。昨年は4月に長崎支部に電撃移籍し、移籍1発目の地元GⅠで優勝、年末のグランプリファイナルステージまで進出し、低迷していた長崎支部に活気をもたらした。今年は、F休みが響き出走回数不足で現在A2に甘んじているが、近況3節連続優勝、24場制覇するなど、一般戦では格の違いを見せつけている。移籍後地元大村では、8節中、優勝4回、準優勝3回と圧倒的なパフォーマンスを見せている。強豪揃う今節だが地元エースの気合いの走りに注目したい。

(本人談)

「近況のリズムは良いと思います。全てが良いわけではないけれど、ピンチながら優勝出来ているし、流れが良いですね。前節徳山での24場制覇は、意識はしていたけれど、優勝出来るとは思っていなかったのですごく嬉しかったし、何より周りの方々が喜んでくれたので良かったです。今節は、大村では初ナイター開催ということで注目の一節間になると思います。メンバーも良いですし、自分自身も気合いが入っています。デイレースとは違ったボートレース大村の魅力をお客様には感じてもらいたいですね。今節もいい成績を残したいと思います。応援よろしくお願いします!!」
引用元:ボートレース大村

CM集

発祥地ナイター開催告知VTR

ボートレース大村CM(2018.09発祥地ナイター)働き方改革篇

発祥地ナイター告知VTR 購買意欲編

発祥地ナイター告知VTR 訴求編

発祥地ナイター告知VTR 訴求編2

発祥地ナイター告知VTR 購買意欲編2

ボートレース大村CM(2018.09発祥地ナイター)おやつ篇

ボートレース大村CM(2018.09発祥地ナイター)先輩の彼女篇

引用本:OmuraKyotei

大村ボートで23日から待望のナイターレース

大村ボートのナイター開催スタートをPRする鬼塚すずさん

■PR隊が本社来訪

大村ボート(長崎県大村市)で待望のナイターレース「発祥地ナイター」が23日から始まる。そのオープニングレース(27日まで)のPRのため、同市競艇企業局の馬場宏幸次長らが19日、福岡市・天神の西日本スポーツを訪れた。売上目標額は20億円。

同ボートは全国で7番目のナイターレース実施場となる。ナイター整備のため昨年9月に着工。35億円かけて照明や外構を整えた。走行テストに参加した選手から「明るくて走りやすい」と、好評を得たと話す馬場次長。今回のオープニングレースにはSG常連選手が参戦し、記念となるレースに華を添える。地元エースの原田幸哉や下條雄太郎をはじめ、瓜生正義、菊地孝平、萩原秀人、守田俊介らが出場する。また、今後も大村独特の企画レースを行っていく。

開催期間中はイベントも豪華。横沢夏子お笑いライブやレーザー&音楽&花火スペクタクルショー(いずれも23日)、HUGっと!プリキュアショー(24日)、岡崎友紀歌謡ショー(26日)、平野ノラお笑いライブ(27日)を行う。電投会員向けには10月14日まで、「マイルクラブ大村24」の新規入会で現金1000円がもらえるキャンペーンも実施。

キャンペーンレディーの鬼塚すずさんは「遠方の方はぜひ電投で。イベントもいっぱいあるので、会場へ足を運んでください」と呼び掛けた。
引用元:西スポ

【ボート】発祥地ナイターは豪華メンバー

発祥地ナイターをPRするキャンペーンガールの川崎あやさん

「発祥地ナイターオープニングレース」が23日から27日まで、長崎県のボートレース大村で開催される。このPRのため、大村市競艇企業局の福江豊企画課長ら関係者が19日、大阪市のデイリースポーツを訪れた。

参加予定は菊地孝平、瓜生正義、守田俊介らSG、G1覇者がズラリ。地元からは原田幸哉ら、1952年に全国で初めてボートレースが実施された発祥の地にふさわしい豪華メンバーがそろう。

福江課長は「全国7場目のナイターで“第二の創業”と位置付け、売り上げ目標は20億円です」と熱く語った。6Rの「夕ガチ戦」、7Rの「夕ドキ戦」は10月からの呼称をそれぞれ「夜ガチ戦」「夜ドキ戦」と変えるなど、企画レースもリニューアルされる。

充実のイベントは23日に横澤夏子、27日に平野ノラのお笑いライブ、26日に岡崎友紀の歌謡ショーなど。キャンペーンガールの川崎あやさんは「ぜひ発祥地ナイターを本場でお楽しみください」と笑顔で呼び掛けた。
引用元:デイリースポーツ online

大村ナイター開催、くびれガールも「ぜひ」来社PR


ボートレース大村の「ナイターレース開催」をPRをする川崎あやさん(撮影・柴田隆二)

全国で7場目となるナイターを初開催する長崎・大村ボートの関係者が20日、東京・築地の日刊スポーツ新聞社をPR訪問した。

23日(日)から始まる発祥地ナイターオープニングレース(27日優勝戦)には、原田幸哉、瓜生正義、菊地孝平らタイトルホルダーがずらり。5~7Rの企画レースでは1号艇に主力が配され、ここはがっちり舟券をゲットしたいところだ。大村市競艇企業局の馬場宏幸次長は「明るさは十分です。本年度は残り110日がナイター、来年度からは通年ナイターとなります。お楽しみください」と話した。

キャンペーンガールでウエスト52センチの「くびれスト」川崎あやさんは「スタンドも新しく、明るく見やすいボート場に、ぜひお越しください。イベントも盛りだくさんです」と呼びかけた。
引用本:日刊スポーツ

川崎あやが「発祥地ナイター」をPR

ボートレース大村のナイターレース『発祥地ナイター』をPRするキャンペーンガールの川崎あやさん

全国で7場目となるボートレース大村のナイターレース『発祥地ナイター』のPRのため、キャンペーンガールの川崎あやさん(27)と関係者が20日、東京・大手町のサンケイスポーツ編集局を訪れた。

ボートレース発祥の地にちなんで名付けられた『発祥地ナイター』は、いよいよ23日に開幕。第1弾の「発祥地ナイターオープニングレース」は、地元のエース・原田幸哉をはじめ、瓜生正義、菊地孝平らSG覇者が顔をそろえた。

川崎さんは「イベントも盛りだくさんなので、ぜひナイターを楽しんでくださいね」とアピールした。

大村市競艇企業局の馬場宏幸次長は「35億円を投資してナイター施設を整備しました。5、6、7Rは大村らしい企画レースを組んでいます。電話投票の『マイルクラブ大村24』の新規入会キャンペーンも実施しているので、ぜひ参加してください」と語った。
引用本:サンスポZBAT!

全国7場目!大村「発祥地ナイター」23日からスタート

大村「発祥地ナイター」をPRするキャンペーンガールの川崎あや(撮影・尾崎 有希)

23日から全国7場目となるナイター(愛称・発祥地ナイター)をスタートさせるボートレース大村のPR隊が20日、東京・越中島のスポーツニッポン新聞社を訪れた。着工から1年。走行テストでは「明るくて走りやすい」と選手からお墨付きも得た。今年度はナイターを110日開催し、来年度からはナイター通年開催となる。

オープニング開催は23〜27日の5日間。地元ツートップ、原田幸哉と下條雄太郎が登場。瓜生正義、菊地孝平、守田俊介らのタイトルホルダー軍団を迎え撃つ。この大会、20億円を売り上げ目標に設定している。キャンペーンガールの川崎あやは「3年前にリニューアルした新スタンドで見るナイターにワクワク!ナイターを見るなら発祥地で!」。
引用本:スポニチ Sponichi Annex

【ボート】大村でも23日からナイター開始 全国で7場目の開催

発祥地ナイターをPRする川崎あやさん

「発祥地ナイター オープンニングレース」が23日から27日まで、長崎県のボートレース大村で行われる。このPRのため、大村市競艇企業局の馬場宏幸次長ら関係者が20日、キャンペーンガールの川崎あやさんを伴って東京都江東区のデイリースポーツを訪れた。

1952年に全国で初めてボートレースが実施された発祥の地にふさわしく、参加予定選手には瓜生正義、菊地孝平、守田俊介らSG、G1覇者や地元の原田幸哉らが名を連ねる。

6R「夕ガチ戦」、7R「夕ドキ戦」の呼称を、それぞれ「夜ガチ戦」「夜ドキ戦」に変えるなど、企画レースもリニューアル。馬場次長は「全国7場目のナイター場。本年度は110日間のナイターですが、来年度からは全部、ナイター開催になります。テスト走行した選手の評判もいいです」と胸を張る。

イベントも23日に横澤夏子、27日には平野ノラのお笑いライブが行われるなど充実。キャンペーンガールの川崎あやさんは「ぜひ発祥地ナイターを本場でお楽しみください」と笑顔で呼び掛けた。
引用元:デイリースポーツ online

ナイター開幕戦に地元大エース原田幸哉が登場/大村


原田幸哉が3R2号艇、12R1号艇の好枠デーを生かして連勝発進を狙う(撮影=坂中昭子)

<大村ボート>◇前検日◇22日

「発祥地ナイター」がいよいよ開幕する。

初日12Rの発祥地選抜は1枠に地元エースの原田幸哉(42=長崎)が座る。前走地の徳山で24場制覇を達成したばかり。今節も期待がかかる。

引いた49号機には「足うんぬんではなく、やるべきことがたくさんある感じ。合格のレベルではない」。

本番に向けて底上げを目指す。
引用元:日刊スポーツ

大村、「発祥地ナイター」開幕 初日ドリーム戦は1号艇・原田

 ボートレース大村「発祥地ナイター」が23日に幕を開ける。ナイター開催は全国7場目となる。初日メインの12Rドリーム戦は、1号艇・原田幸哉をはじめとするSG覇者4人と豪華なメンバーが顔をそろえた。27日の優勝戦まで、熱い戦いが繰り広げられる。
引用元:スポニチ Sponichi Annex

原田幸哉が連勝!12R瓜生のツケマイしのぐ/大村

<大村ボート>◇初日◇23日

原田幸哉(42=長崎)が初日連勝を飾った。

前半3Rは2コースまくりを決め、後半12Rは瓜生正義のツケマイを防いで押し切った。

「回転が合ってなくて、思い通りに舟を操れてない」と課題を挙げたが、足自体は良好。

2日目は3、8Rの2走。さらに連勝を伸ばしそうだ。
引用元:日刊スポーツ

大村ナイターオープン記念式典&点灯式が行われる

大村ナイター点灯式

全国で7場目となるナイターレース『発祥地ナイター』が23日、長崎県ボートレース大村で開幕し、オープン記念式典と点灯式が行われた。

式典では、大村市の園田裕史市長が「ボートレース発祥の地として昭和27年以来、多くの収益を市民の福祉向上に還元してきた。今回のナイターレース参入を第2の創業と位置づけ、新たなボートレースのあり方を全国に発信していきたい」とあいさつした。

当日はさまざまなイベントが行われ、家族連れなど多くのファンが訪れ、大いに盛り上がった。
引用元:サンスポZBAT!

原田が連勝発進 発祥地ナイターオープニングレース 【大村】

 大村ボートの「発祥地ナイターオープニングレース」が23日、開幕した。初日12Rの発祥地選抜は原田幸哉が逃げ切り、ダブル白星でスタート。前検で不安だった足も上積みに成功した。瓜生正義も出足を中心に動きは軽快。守田俊介、菊地孝平はもうひと調整が必要な様子で、上積みに期待したい。その他では井上大輔、森作雄大が出足に好感触。柳橋宏紀、権藤俊光の動きが光っていた。
引用元:西スポ

キラキラな水面に歓声 記念式典と点灯式 【大村】

点灯スイッチを押す関係者たち

発祥地ナイターオープンの記念式典であいさつする園田裕史大村市長

大村ボートで開催された初のナイターレース

23日は発祥地ナイターのオープン記念式典および点灯式があり、記念式典には来賓約300人が参加した。園田裕史大村市長は「ナイターレースでの収益を市民の生活向上へ生かしたい」とあいさつ。7R発売開始直後の点灯式では多くの観客が見守る中、カウントダウンに合わせて水面を囲む7塔のライトが点灯。水面をきらきらと明るく照らし出し、観客の歓声を誘った。

■日本財団が防災資機材をきょう贈呈

大村ボートのサブステージできょう24日、14時30分から日本財団が大村市社会福祉協議会へ、防災資機材を贈呈する。日本財団は、東日本大震災を機に、ボートレース場を拠点とした地域の防災機能向上への取り組みを開始。災害時に住民の避難や救援、避難所で使用する機材や備蓄品の配備事業を展開している。今回は、大村市社会福祉協議会にテント、発電機など防災資機材(約2千万円分)が贈られる。
引用元:西スポ

瓜生正義、得点率トップ「伸びが良くなった」/大村

<大村ボート>◇2日目◇24日

瓜生正義(42=福岡)が2日目連勝を飾り、得点率トップに立った。

初日は「平凡」だった舟足はペラ調整で上向き。「前半は乗りやすかったし、初日より伸びが良くなった。バランスが良くなってきた」と手応えが出てきた。このまま、予選首位通過を目指す。
引用元:日刊スポーツ

佐々木康幸、連勝で準優10Rの1枠をゲット/大村

<大村ボート>◇3日目◇25日

佐々木康幸(45=静岡)が3日目連勝を飾り、準優10Rの1枠を手に入れた。舟足は「全体に中堅上位くらい。起こしが安定してきてスタートはしやすい」と上々の仕上がり。ここまでオール2連対と安定した走りも光る。逃げてベスト6入りをつかみ取る。
引用元:日刊スポーツ

発祥地ナイター開幕戦は瓜生正義がイン圧倒V/大村

<大村ボート>◇最終日◇27日

瓜生正義(42=福岡)が逃げ、発祥地ナイターの開幕戦を制した。

コンマ04のトップスタートで1Mを先取ると、佐々木康幸、菊地孝平ら他艇を寄せつけずに押し切った。

「大村はのどかな印象だったけど、ナイターとなると少し気が引き締まりますね。最近はエンジンも動いてくれているし、これで勢いがついていけば」と話した。

2着に下條雄太郎、3着に菊地が入った。
引用元:日刊スポーツ

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.