今日の無料予想(18.09.30)

【30日戸田7R】3日目“裏予想”

《これからボートの話をしよう。》

『スカパー!・JLC杯戸田ルーキーシリーズ第17戦』3日目(6日間開催、準優3レース制)

初日連勝の椎名豊だったが、2日目8Rで落とし穴が待っていた。2コースから差し切り3連勝なったかと思われた1周バックで、まさかのフライングコール。V候補が思わぬ形で姿を消した。

1号艇に組まれていた後半12Rではしっかり逃げを決め3勝目をマーク。「行きアシを中心に、昨日より良くなっていたと思います」とエンジンは仕上がっていただけに、無念のV戦線離脱となった。

今年4Vの椎名は今期2本目のフライングとなり、徳山・開設記念終了後の11月8日から60日間の休みに入る。来年3月の当地クラシック出場へ、足かせはあってもルーキーシリーズ2節を含む残り3節で結果を出したいところだ。

なお五十嵐一聡は負傷のため、3日目以降を欠場する。

3日目の“裏予想”は7Rの小池哲也。『25号』は8月に大阪支部の後輩・井上忠政が初優出初Vを飾ったエンジンで、2日目6Rの道中は良機の片鱗をのぞかせていた。カドから思い切りよく攻めて村上のイン戦撃破を狙う。3連単は(4)-(1)(5)(6)-全で。
引用元:サンスポZBAT!

【30日戸田12R】本紙の見解

 《記者選抜》2日目9Rでは2コースから力強くまくって白星を挙げた春園。原田富士男が前節優出した『32号』のパワーを、徐々に引き出してきた印象だ。ここは仕掛けに集中して全速逃げを披露する。

さばいて追走する松尾、大外でも機力は侮れない竹井との〔1〕〔5〕、〔1〕〔6〕を本線に、差して追走したい外崎で〔1〕〔2〕が押さえ。

【3連単】は〔1〕〔5〕=〔6〕、〔1〕〔5〕=〔2〕。
引用元:サンスポZBAT!

【30日平和島6R】エース浜野谷が全速差しで突破

後藤夕貴

《叶えてこその“夢”舟券!》狙うレースが違った…。2日目3Rで狙った福来剛は、カドからのまくりが届かず2着でハズれ。後半7Rは2コースまくりで1着だったので、狙うならこっちでしたね。福来の動きは変わらず力強いので、3日目以降も要注目ですよ!

さて、その2日目にはボートレース平和島のニコニコ生放送「こんせいそんのスタジオ生放送!」に、解散したとはいえ変わらずイチ押しアイドル『チャオベッラチンクエッティ』の元メンバー・後藤夕貴さん=写真=がゲストで出演しました! 舟券の購入が初めてという後藤さんは、写真でもおわかりのように入念に出走表を隅々までチェック。気合十分で7Rから予想に挑みましたが、残念ながら的中なしで終了となってしまいました…。

出演後は「完敗です…」と肩を落としていた後藤さん。それでも「思った通りの結果にならないのが、逆に面白いですね」とボートレースの魅力に気づいたようです。「レースを見ていると、選手と一緒に走っている気分になりますね。これで“推し”の選手とかを見つけて応援したら楽しそう!」と楽しみ方を発見。「次はリベンジするので、また呼んでくださいね!」と笑顔を見せてくれました。

3日目は同じグループの元メンバーで3度目の出演となる諸塚香奈実さんが登場します。舟券購入に慣れてきた諸塚さんが、後藤さんのぶんまで当てまくるのか。みなさんもぜひご覧になってください!

そんな3日目は6Rの浜野谷憲吾で勝負。3戦2勝、2着1回とレース内容は文句なし。女子が相手でもアシ負けがなく、熟知している地元水面で実力を存分に発揮しています。ここは鋭い全速差しで一気に抜け出すとみました。3連単は(5)(1)、(5)(3)、(5)(6)から3着流し12点。
引用元:サンスポZBAT!

【30日平和島12R】本紙の見解

遠藤エミ

《記者選抜》機力は上位級の遠藤が主導権を握る。2日目は2走とも攻め手を欠いて2、4着に敗れたが、回りアシを中心に気配は変わらず上々だ。インから力強い全速逃げを決める。

センターからまくって強襲する中里との〔1〕⇔〔3〕が本線。冷静に差して迫る池田と外から展開を突く品田へ〔1〕〔2〕、〔1〕〔5〕を押さえる。

【3連単】は〔1〕⇔〔3〕〔2〕、〔1〕⇔〔3〕〔5〕、〔1〕〔2〕⇔〔5〕。
引用元:サンスポZBAT!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.